上士幌町について



上士幌町(かみしほろちょう)は、北海道十勝地方の北部、日本一広い国立公園である大雪山国立公園の東山麓に位置し、町内の約76%が森林地帯と自然豊かな町です。(広さは東京23区がすっぽり入るくらい!)

農業や林業などの一次産業を中心に、源泉かけ流しの「ぬかびら源泉郷」や日本一広い公共育成牧場の「ナイタイ高原牧場」、「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁郡」などによる観光業も盛んです。

ふるさと納税においては、いただいた寄附金を子育て・少子化対策に重点活用させていただいており、平成28年度からは保護者の負担軽減を目的に、町内にある「認定こども園」の保育料を10年間完全無料化。

全国的な反響や応援のお声をいただくなか、これまで減り続けていた人口が、平成28年1月~平成30年4月末時点でプラス114人となり、約4年ぶりに5,000人の大台を回復しました。全国の皆さまからの「ふるさと納税」があと押しとなり、町が元気を取り戻しつつあります。上士幌町はふるさと納税を活用し、今後も地方創生へ邁進いたします!


上士幌町のストーリー

こども達の主体性や意欲を引き出す保育で様々なチャレンジを続ける認定こども園

良質の源泉でおもてなし 自然を守りくつろげる温泉街に

搾りたての生乳と旬の素材で作るフレッシュなジェラート

全国を転々と巡り採取する熟成した国産天然はちみつ

地域のニーズを掘り起こし 町を元気にする地域商社

アイデアとチャレンジスピリッツで農業の可能性を広げる

楽器更新と外部講師の指導 合同コンサートでめきめき上達!

夏の風物詩・バルーンフェスを盛り上げるガールズチーム